帯広 BlogTOP > 帯広 観光 > タウシュベツ橋梁(糠平湖)

タウシュベツ橋梁(糠平湖)


タウシュベツ橋梁は、糠平湖の北部にある、古いアーチ橋です。糠平湖が出来る前まで、鉄道が通っていた橋です。この写真は5月末に撮影したものです。

真冬は湖が凍って、発電用に湖の水を抜くので足元まで見られます。逆に春から秋は、雪解け水や大雨で完全に水没してしまう事も有りますし、見られても上の部分だけです。

上の写真は、橋近くまで行った時の写真です。ひがし大雪ガイドセンターさんのツアーに申し込むと連れて行ってくれます。(詳細は要確認)

国道沿いから少し歩くだけで行くことのできる展望台からだと、こういう感じです。

帯広から糠平湖までは、車で約1時間半です。

カテゴリー: 帯広 観光コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--iut4g.biz/tourism/160.html/trackback

タウシュベツ橋梁(糠平湖)